オレのヒゲを抜いてくれ!

爪とピンセットでヒゲを抜き続けて20年、日本有数のヒゲ抜き職人に成長したオレは、迷える思春期の髭濃い少年たちに希望の光を与える存在になりたい。

自己紹介(プロフィール)

f:id:yononakakane:20161108091031j:plain

 

「ああ、恥ずかしい・・・。お尻の穴を見られるよりも、ヒゲを見つめられることが何倍も嫌なの。特に、自分よりも身長が低い女性に見上げられての凝視が死ぬほどツライ。だってほら、鼻毛とヒゲが繋がりそうwww」

 

あ、初めまして。私、”ヒゲゴジラ”と申します。

 

別に”ヒゲゴリラ”でも、”ヒゲおとこ”でも、いやなんなら

 

”ヒゲ野郎”、

 

”おいヒゲ!”、

 

”鼻毛とヒゲが繫がってんじゃんwww”、

 

など好きなように呼んでもらって構いません。

 

どんなにヒゲで蔑まされようと覚悟はできています。

 

当ブログにお越しいただいた貴方は、少なくともヒゲに興味がおありだと思うわけなんですよね。

 

ヒゲに悩んでいる男性、もしくは毛深いヒゲ男がタイプの物好きな女性、このどちらかではないでしょうか。(※例外として世の中のヒゲ事情を調査するメンズクリニック従事者という可能性も否定できない。)

 

まず、私のヒゲ歴史を紹介しなければいけないでしょう。

 

初体験のヒゲ剃りは父親のT字型ヒゲソリを拝借、見事に横滑りで皮膚を切り裂き出血大サービスの記念日となる。

 

小学校の6年生にもなると、うっすらとウブ毛が生えてくる。いや、元々生えていたが、徐々に濃くなってくる。

 

多くは、小学校を卒業し、中学校への入学を機に剃り始める。オレもその道を歩もうと思ったのだが見事に出遅れてしまった。

 

放置した顔のウブ毛は日に日に濃さを増し、異性が気になり、さらにはニキビが目立ち始めだした頃にオレは決意した。

 

よし、ヒゲを剃るぞ!

 

父親がヒゲを剃る姿を洗面所で見ていたから、なんとなく剃り方は分かる。しかし、肝心のヒゲ剃りを持っていなかった。

 

しょうがない、父親の使い古しのヒゲ剃りを使おう。

 

多分、切れ味が悪くなり強制退去を命じられたであろうT字ヒゲ剃りが眠る箱を取り出し、汚れが少ない1つを手にした。

 

固形石鹸を泡立てて顔に塗りつけ、ヒゲ剃りを顔に当ててゆっくりと滑らせる。

 

ショリショリ、ショリショリショリ・・・

 

顔を滑らせたヒゲ剃りを見ると、ウブ毛がゴッソリと剃られていた。なんだかウブ毛を脱ぎ捨てて自分が大人になった高揚感が沸いてきた(笑)。

 

ところが、当時のヒゲ剃りには現在のような横滑り防止機能など付いておらず、顔中が切れて血まみれになった。

 

痛い。チクチクとヒリヒリ顔が痛いよ。

 

水で顔を洗うとムダ毛が消えた(でも傷だらけの)顔が現れた。

 

これが教科書には載っていない、オレの中学1年生、オレのヒゲ剃りデビュー記念日。(※テストには出ないが、歴史の一端として覚えておいて欲しい。)

 

中学2年頃から暴発した思春期ニキビがヒゲ剃りの邪魔をする!新たな記念日「ヒゲ抜き」デビュー!

 

中学1年当時はまだポツポツとしか出なかったニキビが、中学2年に上がると顔中に爆発的に増えだした!

 

これが、今思い出しても震えが止まらない恐怖の

 

”思春期ニキビの反乱”

 

である。

 

 

教科書には載っていないが、オレの心には深く刻まれている歴史的な出来事である。

 

 

男なら知っていると思うが、一度でも剃った毛はそれから太く濃くなる。当然、オレのヒゲも剃るごとに強くなっていった。

 

剛毛に向かうヒゲと、増え続けるニキビの二大反乱にオレは襲われ、オレはヾ(´*д*`)ノギャ~!!!というパニック状態に陥った。

 

ヒゲを剃りたい!でもニキビがあるから剃れない!中学2年生の男子には重すぎる悩みを抱えてしまった。

 

しかもその時はクラスに好きな女子もできて、伸び放題のヒゲを見られたくない!かつニキビだらけの顔も見せたくない!というオマケ!?までついてきて、危うく登校拒否寸前でもあった。

 

オレは14歳にして究極の選択を迫られた。

 

ニキビを犠牲にヒゲを剃るか、ヒゲを放置してニキビ治療に専念するか。

 

ヒゲを剃る場合、どうしてもヒゲの生え際のニキビも傷付けなければいけなかった。時にニキビをジョリッ!と剃ってしまい血まみれになることさえあった。

 

ニキビ治療に注力する場合、当時はクレアラシルというニキビ治療薬を顔に塗りたくった。まだ肌色タイプが登場しておらず、オレの顔面は志村けんのバカ殿様状態になった。

 

ニキビを避けながらのヒゲ剃りも挑戦したが、顔が虎刈り([とらがり]刈り方が下手なために,頭髪などの刈りあとがふぞろいで虎の毛のようにまだらになっていること。)になりかえって不自然になってしまう。

 

その時、オレは閃いた。

 

ヒゲを抜けばいいんじゃねえか!?って。

 

試しに、母親から借りたピンセットでヒゲを抜いてみた。

 

ギュギュギュッ、ニュポンッ!という感じでアゴからヒゲが抜けた。

 

痛みは意外と少なかった。

 

 

これが、今思い出しても忘れられない中2の

 

”ヒゲ抜きデビュー記念日”

 

である。(※これはぜひとも義務教育の教科書に載せて欲しい。みんなも応援してくれよな。)

 

ニキビを刺激せずヒゲを抜く方法を発明したオレは、その時から起床時間を約2時間早め、家族が寝静まる中、鏡を見ながらピンセットでヒゲを抜く生活が始まった。

 

※まさかそんなヒゲ抜き生活が20年以上も続くとは当時は思いもしなかった。

 

まだ、今のような鬼剛毛でなかったヒゲだが、同級生と比べると濃かった。それが、ピンセットで抜くと青剃り跡にならない。

 

奇しくも、ファッション雑誌では美肌男子がブームの頃、男たるものムダ毛は抜き、肌は小麦色がカッコイイのだ!という時代。

 

なんとしても好きな娘に嫌われたくない一心でオレはヒゲを抜き続けた。

 

来る日も来る日もヒゲを抜き、気がつくと高校受験も終わり入学式が訪れていた。

 

※好きな娘への想いはオレの片想いで撃沈した。仲の良かった友人が告白して中3にして失恋をしてしまった。

 

高校入学!怒涛の1,000日ヒゲ抜き修行スタート!濃いヒゲとニキビで勉学に身が入らず暗黒の3年間を過ごす・・・

 

中学を卒業し、高校へ進学。彼女を作って自転車の二人乗り、手を繋いでのデート、そして初キスから初体験・・・という夢を描いていたが、現実は悪魔のように厳しかった。

 

高校生になったオレのヒゲは、まさか3年間を通して抜かれ続けるとは想定していなかったようで(笑)、 日に日に反発して濃く太くなっていた。

 

そう、遂に恐れていた ヒゲの反乱が始まったのだ。

 

オレのヒゲの育毛サイクルは常人離れしているんだが、その土台は高校3年間のヒゲ抜きで確立されたんだろうと予想する。

 

 ヒゲを抜く癖や習慣がある男性には常識なんだが、ヒゲを抜くと3,4日はスベスベ肌が持続する。(※ニキビは除外して)

 

抜いて4,5日 もするとポツポツとヒゲの赤ちゃん!?が生まれ、1週間もすると肌を突き破ってヒゲが誕生する。

 

つまり、オレの場合、ヒゲを抜くと約1週間は濃いヒゲの剃り跡の悩みから解放され、ニキビの悩みにだけ集中できる。

 

高校時代になると、ニキビ治療薬のクレアラシルの肌色タイプが発売され、顔面真っ白でバカ殿状態だった悩みは、若干だが和らいだ。

 

にしてもだ、やはり他の男子と比べるとヒゲが濃い&ニキビという二大思春期の悩みを抱えたオレは恋愛に関して一歩出遅れた。※まあ一番の原因は恥ずかしがったオレの気持ちが問題なのだが。

 

 高校の3年間は本当にヒゲとニキビの悩みに日々苦しんだ思い出しかない、なんちゅう青春時代だ(笑)。

 

さあ、ニキビ対策とヒゲ脱毛という闘いに明け暮れた高校時代は、あっという間に終わった。

 

バラ色の青春時代は、ニキビを剃ってしまい血が噴出、ヒゲを抜いて毛穴から出血という、いちおうは真っ赤な日々を過ごしたのだが、願っていた彼女もできず、初キスも初デートもなく、気がつけば卒業式の真っ最中だった。

 

高校卒業後もしばらくは出続けたニキビだが、成人すると徐々に枯れだして落ち着いていった。

 

はあ、ようやく、めでたしめでたし・・・じゃねえ(怒゚Д゚怒)!

 

ニキビの暴動が治まったと反比例してヒゲの反逆が本格化したのだ!

 

中学校から始まったピンセット脱毛の恨みが、遂に爆発したのだ! 

 

 とにかく、濃く太くなった。

 

オレの場合、ヒゲを抜くことで心配される埋没毛も起きない。どうしてか?

 

ヒゲが肌の中で大人しくとどまることさえできないほどの剛毛なのだ(笑)!

 

もうな、ヒゲが肌を突き破る!という表現がピッタリな生え方をするのだ。

 

誰もオレのヒゲを止めることはできない!神様でも悪魔でも、オレのヒゲの成長を抑制することは不可能なのだ!

 

これは写真を見てもらえれば分かるが、もう人間の手に終えるようなヒゲではない。

 

↓ヒゲ剃り当日・直後のオレのヒゲ↓。

 

f:id:yononakakane:20160923060053j:plain

 

青過ぎwww

 

↓ヒゲ剃りから4,5日が経過したオレのヒゲ↓

 

f:id:yononakakane:20160922172634j:plain

 

もう人間を超越したゴリラじゃんwww。多分、オレって猿から人間に進化する途中でなんらかの突然変異が起きた中途半端な人間なんだよwww。だって、この異常なヒゲ、説明がつかんwww

 

オレの顔から生える毛は、髭(ヒゲ)などという存在ではなく、遥か彼方からワープしてオレの顔を使って地球侵略を企む宇宙人の触手なんじゃないかと本気で思っている。

 

 テレビでよく芸能人でヒゲが濃いタレントとかイジられているが、オレからしたらオレの高校時代よりもマシじゃねえか!と画面に向ってツッコんでいる。

 

中学から手を付けたヒゲ抜きなんだが、もし今、オレの自己紹介を読んでヒゲ抜きが怖くなったなら、素直に止めたほうがいいと思う。

 

一度でも始めたら止められなくなる、それがヒゲ抜き。

 

もし、興味本位でやってしまったら最後、未来の貴方のヒゲはこうなっている。

 

f:id:yononakakane:20160922172527j:plain

 ※ヒゲ剃りから4,5日後のアゴヒゲ。決して未開のジャングルでも、飼っているペットでもない。まごうことなき・・・オレだ!

 

 さあ、ブログ「オレのヒゲを抜いてくれ!」を読みたくなっただろうか、それとも濃いヒゲの写真で気分が悪くなりページを閉じただろうか、逆に応援したくなっただろうか、それとも1本だけ、1本でいいから抜かせて!とフェティシズムを刺激された貴婦人も大歓迎だ(笑)。

 

今後、オレはピンセット毛抜きの生活に疲れ、メンズエステ・クリニックの永久脱毛に通うのか、逃げずに真っ向から立ち向かい抜き続けるのか、答えは日々のブログCHECKで明らかとなる、乞うご期待・・・。